都会から地方への出稼ぎの特徴

カテゴリー 地方への出稼ぎ

地方への出稼ぎがトレンド

都会から地方へ出稼ぎ従来の風俗業界の出稼ぎと言えば、地方から都市部へ行くのが主流でした。
都市部とは東京や大阪、名古屋や福岡を指します。
しかし、近年は都市部で働く女性が地方へ出稼ぎに行くというスタイルがトレンドになっています。
この背景には都市部の風俗嬢が満足のいく稼ぎを得られないことや同僚との競争疲れがあるようです。
彼女たちの多くは観光気分で出稼ぎに行くので、従来のような短期間で大金を稼ぐことを目的とした出稼ぎとはタイプが異なります。
行き先もメジャーなリゾートエリアか、今まで全く馴染みの無かった土地を希望することが多く、仕事後の自由時間で何が出来るのか?を重視して、行き先を決めているようです。

地方の風俗店で働く魅力

地方の風俗店の数は都心部と比べるとグッと減ります。
そして、小規模の店舗では在籍女性が10人もいないケースも珍しくありません。
つまり、風俗嬢同士での競争率が低い上に、出稼ぎに行った時点で新人として扱われるので注目度は必然的に高くなります。
さらには、女の子の紹介文に「期間限定で都会から緊急入店」といった宣伝文句を加えれば指名客も獲得しやすくなります。
また、地方では風俗店の数が少ないからこそ余計な値引き合戦も起きない為、意外と料金が高いお店も多かったりします。
お客さんが付きやすく、なおかつ客単価も高いとなれば、都会のお店での競争に敗れ、満足に稼げていなかった女性にとっては、大変嬉しい環境と言えるでしょう。

出稼ぎは拘束時間が長め

しかし、地方への出稼ぎが良いことばかりという訳ではありません。
覚悟をしておかなければならないのは一日の拘束時間の長さです。
お店やお客さんにとって出稼ぎに来た女性と会える時間は限られています。
だからこそ、出勤日には予約で埋まって長時間かつ連続で接客をする必要があります。
風俗嬢の一日の労働時間は5時間~8時間が一般的ですが、出稼ぎの場合は一日10時間は働くつもりでいた方が良いでしょう。
さらに、長時間に渡り働き詰めになる可能性が高いので、あまりにも観光気分で出稼ぎに行ってしまうと、働く時間が苦痛になってしまうかもしれません。
観光メインで出稼ぎに行くことを考えている方は、事前にお店のスタッフにその旨を伝えておくようにすると良いでしょう。
そして在籍期間も一ヶ月以上にするなど、少し長めに設定することで観光と仕事のバランスを取りやすくすることもオススメです。

地方ならではの不便さを知っておく

地方は車社会が一般的特に観光目的で出稼ぎに行く方は、その土地の特徴を事前に調べておくと良いでしょう。
例えば、行き先が観光地であった場合は観光シーズンか否かで人の数が大きく違ってきます。
観光客の数は、目的地へ向かう間の交通機関の渋滞はもちろんのこと、お店の客足にも影響します。
その土地へどのタイミングで行けば自分の望む環境になっているのかをしっかりと確認しておきましょう。
また、その土地の主要な移動手段が何なのかもチェックポイントです。
田舎になればなるほど車社会であることが一般的です。
コンビニ一つをとっても都会のように至る所にある訳ではありません。
レンタカーやバス、はたまたお店のスタッフが車を出してくれるのか?によって移動範囲が大きく変わってきますので気を付けましょう。
このような点に注意して、無駄の少ないスケジュールで観光と出稼ぎを両立させてください。